不動産に今すぐ使えるカラーテクニック


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日は

色彩検定の受験などで付けた知識のうち

不動産に活かせるものを披露したいと思います。



まず基礎として

色には3つの属性があります。



・色相(赤、黄、緑、青などの色味)

・明度(明るさ)

・彩度(鮮やかさ)




ちなみに

白や黒は色彩がなく明るさだけで表示されるため

無彩色という分類になります。



色相については

赤から赤紫まで周波数に従って円を描くように配置されたものを色相環といいます。



色相・明度・彩度の組み合わせで全ての色を表現します。



例えば同じ赤色相でも

明度が高い色がピンク

彩度の低い色がエンジ色になります。



また

明度と彩度を合わせた概念をトーンといい

最高彩度がビビッド(色相環に表示されている色です)

次の彩度の明度が高い順から、ブライト・ストロンク・ディープ

その次の彩度で明度の高い順から、ライト、ソフト、ダル、ダーク

その次の彩度で明度の高い順から、ペール、ライトグレイッシュ、グレイッシュ、ダークグレイッシュ

彩度のないもので明度の高い順から、ホワイト、ライトグレイ、グレイ、ダークグレイ、ブラック

と、決められています。



不動産投資で使えるノウハウは山ほどあるのですが

今日は1つだけ直ぐに使えるテクニックを1つお知らせします。



進出色と後退色というのがあります。



進出色の代表選手は赤で

後退色の代表選手は青になります。



この違いは全て色相で説明することが出来ます。



あなたは

暖色と寒色というのを聞いたことがあるのではないでしょうか?



その暖色が、すなわち進出色で

寒色が、すなわち後退色となります。



暖色と寒色は

色相環上の赤近辺の色相が暖色

色相環上の青近辺の色相が寒色になります。



なので

部屋を広く見せたい場合は

廊下の奥に後退色である寒色を使えばいいです。



他には

室内空間は基本は「調和」です。



調和というのは

色合いがしっくりくるという物です。



それにはどうやるかと言うと

同一、近接、類似色相の色でまとめる



例えば

床はダークな茶色

壁はベージュ

家具は茶や黄土色とか



色相が対照でも

トーンを同一とか類似でまとめる

例えば

明るめで彩度の低いペールトーンで

床、壁、天井を統一するとかで

しっくりした色使いになります。



反対に

「変化」というのもありますが

素人には難しいので

まずは調和をテーマにしてやることをオススメします。




◆編集後記◆




今日は京都の病院に通院してきましたが

普段は観光客でごった返すJR京都駅前バスターミナルも

観光客は少なかったです。



ちなみに

病院の方も患者さんが少なく

普段は一日仕事なのでパソコンを持っていって記事を書く私も

昼食後すぐに呼ばれて

1:30くらいに帰宅出来、かなり幸運でした。



そんな中

街には就活生の姿もチラホラ



どんなに暑くても上着必須だし大変ですね。



日本は温帯と習った記憶があるのですが

もはや亜熱帯というのは間違いないでしょう。



クールビズでノーネクタイって言っている時代に

就活生だけ上着着用って酷なような気もするのですが


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント