一般人には認識出来ない概念「家は建った瞬間から劣化が始まる」


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





私の実家には弟が住んでいますが

玄関ホールの壁に亀裂が入ったことを

写メで送ってきました。



確か、建築は

私が小6だったと思うので

築44年

まあ、こういうことになるのも無理はありません。



不動産投資家以外の一般の人と話していて

「そこは違うやろ」

と、思うことが1つあります。



それは

一般の人達は

「家は建ったらそのままでいてくれる」

と、思っているという点です。



自宅に資産性を見出し

それが持続するものと思っている。



実は、私も不動産投資を始める前までは

そう思っていました。



しかし

不動産投資を始めてからは

そんな考えは一変しました。



「建物は、建った瞬間から劣化が始まるものである。」



法的に47年持つとされるRCでさえ

持つのは躯体のみで

それ以外は、ドンドン痛んできて

補修のためお金が出て行くものです。



なので

定期的に手を入れることが必要で

それなりの修繕費用を予測し準備しておく必要があります。



そして

それら工事のために

良心的な工事業者をキープしておくことです。



そういうことが分かって

定期的に手を入れる大家さんと

いつまでも一般人の時の概念を引きずって

そのまま放置する大家さん



それでも長期で持たず転売していれば

工事を経験せずに済む可能性もありますが

長く大家さんを続けるのなら

両者で

大きな差が出て来るのは明らかです。



◆編集後記◆




浪花のベテラン漫才師 オール巨人の新曲が

オリコンデイリーランキング(演歌・歌謡曲)初登場2位を記録。


オール巨人と言えば

歌ウマ芸人の元祖のような存在



モノマネの上手い人は

元々歌も上手い人が多いと思いますが

阪神・巨人の漫才が

桂文枝(当時は三枝)がMCの素人参加番組で

"マネマネ ごんすけ まんすけ”という名で演じる

モノマネ漫才での人気がルーツだけに

歌が上手いのもうなずけます。



ちなみに

関西のベテラン漫才では

中田カウス・ボタン派と

オール阪神・巨人派に分かれると思いますが

私は断然、オール阪神・巨人派です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント