今後数十年の間アツい間取りとは?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





町中を車で通っていると

また

水田が宅地になっている所を見つけました。



私の住む市は、大阪市の隣ですが人口の減少が止まりません。

それなのに、水田が宅地になるって

それだけ新築の需要があるということなのでしょう。



マイホームを持つことで税の優遇が受けれるという制度があるように

国としては

多くの人がマイホームを建てることで

内需拡大につなげたいという思惑があります。



なので

今まで自分の家を買えずに

賃貸していた層も

「国が、そこまでハードルを下げてくれるのなら

マイホームを持とうかなぁ」

と、いう意識になってくるということが考えられます。



そうなると

必然的に、ファミリー向け賃貸は需要減になるので

入居率が全体的に下がってくることが予想されます。



なので

人口減ということも相まって

ファミリー向けは

今よりも

厳しい戦いを強いられることになるでしょう。



しかし

そういうトレンドがあったとしても

ファミリー向け賃貸を選ぶ層もなくなる訳ではないので

常に満室に近い稼働率で回る物件と

全然回らない物件に2極化が進みます。



では

ファミリー向けが厳しくなるのなら

単身向けの方は安泰なのか?



日本の人口は減るのに

世帯数が増えるということが予想されています。


つまり

非婚者の1人住まい世帯

中でも一生独身組が増加するとみられています。



ここまで書くと

1ルームや1Kをお持ちの方は

ほくそ笑みそうですが・・



しかし

一生独身組の人って

1ルームや1Kをメインに選ぶでしょうか?



収入の全部を自分で使える

この層の人達の場合

持ち物はかなり多いです。

1ルームや1Kでは収まりません。



女性などは

めちゃめちゃ大量に服や靴などを持ってます。



経済的に自由に使える金額も多いので

少々家賃が高くても

1DKや1LDKくらいの物件を選ぶのではないかと思われます。



しかし

実は、1DKや1LDKの賃貸って

数は少ないです。



ということは

場所にも拠りますが

今後の1DKや1LDKくらいの物件は

かなり有望だと考えられます。



あくまでも

場所に寄りますが・・



あなたの物件選びの参考になれば幸いです。



◆編集後記◆




元おニャン子くらぶの

新田恵利が脳動脈瘤の手術を受けたことをブログで公表



生稲晃子の乳がんといい

あの若かったおニャン子達も

成人病になる年代なんですね。



おニャン子を見ていた我々世代が

腹が出たり、髪が抜けたり、中にはガンになって死ぬヤツがいるのも

分かる気がします。



なので

青春がAKBの人達もそのうちですよ。



この歳になって思うのは

月日の経つのはあっと言う間

老いるのもあった言う間

そして

過ぎ去った時間は二度と帰ってこないということです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント