客付け営業、行ってみたらこうだった


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日は、大阪1号物件の

客付け営業に行っていました。




予定通り5件回って

事前に作っておいたプレゼン資料を見ながら説明

その後、客付け店の要望を聞き

最後に、昨日の記事に書いた手土産を渡すという段取りです。



正直な感想は

彼らは、物件のことを全然ご存知ない、ということです。



なので

「レインズに載せてるから・・・

と、いうのは全く意味ないです。



やはり

こうやって、自分の物件を説明すると

彼らの物件に対する気持ちが全然違うという感じです。



要望として言われたのは

3つあります。



まず

バス・トイレ別で同等の家賃のものがあるし

探す人も、それを求めてやってくるので

やはり、もうちょっと家賃を下げてもらえれば・・

なので

2千円までの値引きまで私の許可なくOKとしました。



次に

初期費用を抑えたい人が多く

敷金・礼金ゼロを求めるので

その場合は

月の家賃は高めでも容認する場合が多い。



なので

「敷金・礼金ゼロなら、この家賃」

と、プランを用意してもらったら決めやすい。

とのことでした。



それに対応するため

敷金・礼金ゼロなら、家賃3千円アップのプランを

追加することにしました。



最後に

やはり広告費は相場より多く欲しい。



これは実は、管理会社からも打診されていたのですが

現場の声を吸い上げずに

「広告費を増やしたら動くだろう」

というような、ドンブリ感情じゃダメですよ。

ちゃんと

現場のニーズを聞いた上で、そのニーズが強いことが分かれば

そうしましょう。

と、していて



実際に、現場の声もそういうものだったので

今回は、相場1か月を1.5か月としました。



全体的には

かなり前のめりだった印象ですので

近いうちに決まるのではないかという心象を持ちました。



なので

空室が続く場合は

是非やってみてください。




◆編集後記◆




梅雨らしい天気で

降ったりやんだりが続いています。

今日のように客付け営業の時は、降らないで欲しかったのですが

やはり、私は雨男のようです。



会社員の時、特に若い頃は

銀行によくパシリ(と言っても運転手付きで行くのですが)させらましたが

私の当番の時は、かなりに高確率で雨でした。

一度台風が来て靴の中がグッショグショになったことがあります。

その時はさすがに、途中で靴下を買って交換しました。



鬱陶しい天気はイヤで早く梅雨が明けて欲しいと思う反面

明けたら真夏もイヤやなあと・・



個人的には秋が好きですね。

物悲しい感じが何とも言えないです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント