盗難による設備破壊で、こんなオイシイことが・・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






大阪1号物件で去年起こった盗難事件

その際に破壊された設備の修理にかかった費用が

火災保険で返ってくることが確定しました。


ここは、設備が破壊された後

「防犯のため」

と、いうことで、センサーライトを設置したのですが

残念ながら、その分は無理とのことでした。



まあ、そこは想定していたことなので

仕方がないです。



請求が今月10日ですので

2週間でのスピード解決(?)になりました。



実は、その件に絡んで

オイシイことがありました。



それは

少額ですが

見舞金がもらえたことです。



その額、20,412円

マジで少額ですが

また、この端数・・

一体、どうやって計算したんでしょうかね。



これらのことから

火災保険の補償って

範囲も広く、かつ手厚いということが出来ます。



それに比べ

地震保険は、かなりセコイですよね。



私の友人の九州の大家さんなど

熊本地震での被害が

一部損に認定され、保険金がハナクソ程しかなく

「そんな金額で絶対に修理できる訳ないやん!」

と、いう感じだったそうです。



地震保険の場合

全損でも、再調達価格の半分が上限ですので

半分は、オーナーが負担しなければなりません。



中には、それ以上出る保険も

出てきているようですが

保険料がかなり高いようです。



なので

地震保険には実は加入していない投資家さんが多いですが

火災保険は、手厚いことが多いので

絶対に入ることをお勧めします。



◆編集後記◆



元阪神のエース井川慶が、

現役復帰を目指し

独立リーグで現役続行することが決定的であることが分かったそうです。



井川と言えば

2003年2005年の優勝に大きく貢献した投手です。



但し

球速は146キロまで戻ったと言っても

年齢も36歳

流石に、日本球界復帰は厳しいか?



日米通算95勝ですので

勝利数だけ見れば、元エースの割には平凡ですが

メジャー行って、ボンコツになって日本に帰ってきたので

これが日本でずっとやっていれば、

今頃、200勝で名球会入りも考えられただけに

惜しいですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント