融資を引く銀行は、仲介会社に紹介してもらうのがベストですが・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




物件を内見し、

買付け証明を入れれば

次の段階は、融資を引っ張るという段取りになることが多いかと思います。



融資の前に、価格交渉が入るケースがありますが

私の取得時は、ポシャッたのも入れて、全て、融資交渉が先でした。


融資を引く銀行には

仲介業者が紹介してくれる場合と

自分で開拓する場合があります。



この中で

仲介業者が紹介してくれる場合は

オイシイことが多いです。



というのは

仲介業者が紹介してくれる場合は

営業マンが、事前に、銀行に物件を持ち込み、

「この物件で、この属性なら、いくらまで融資出来る」

と、いうことが分かっている場合があります。



この場合は

仲介業者も、融資OKだと分かっている人を

銀行に紹介している訳ですから

まず、非承認になることはありません。



それ以外には

仲介業者の営業マンが

特定の銀行の特定の支店の特定の担当者に

何度もお客さんを紹介した場合などで

仲介業者の営業マンと銀行の担当者とで

既にコネが出来ている場合もあります。



同じ銀行でも

不動産の融資に積極的な支店とそうでない支店があり

同じ支店でも

不動産の融資に積極的な担当者と、そうでない担当者がいるので

自分で開拓するのに比べれば

断然、有利です。



但し

断然有利とは言え

非承認が全くない訳ではありません。



私の場合

2棟目で、オリックスを紹介され

喜んでいたら、団信でアウト



次に、ポシャッた物件ですが

某地銀の某支店の支店長代理を紹介されて

仲介の営業マンと一緒に行きましたが

担保評価不足でした。



なので

仲介業者に紹介してもらうのは

有利ですが、

絶対に、OKということではないです。



そうなると

自分で、開拓することになりますが

「紹介でアウトなら、自己開拓など、無理」

と、決まったものではありません。




私の場合も

2棟目で紹介されたオリックスでアウトでも

自己開拓で

都銀のR銀行で融資を引くことが出来ました。




ポシャッた物件の場合も

某信金で担保評価が出て

購入寸前まで行って

買い上がりがあって、買えなくなったという経緯があります。



その分、

次の物件の時は、しっかりその信金から融資を引くことが出来ました。



自己開拓の場合

片っ端からという訳にはいきませんが

大家の会などで

融資に関する情報は飛び交っているので

ある程度、

不動産の融資に積極的な銀行は目ぼしはつきます。



仲介業者に聞いても

紹介こそしてくれなくても

不動産の融資に積極的な銀行の情報くらいは

ある程度、分かっているので

そういう情報を集めて

狙いを定めるといいです。



最初は、ドキドキするかとは思いますが

2、3行回れば、慣れてきて

平気になってきます。



私の場合

1行目の10分くらいで腹が座りました。



なので

実態より、よく見せようと思えば

色んな所を取り繕う必要がありますが

実態を見せて、後は先方の判断だと思えばいいだけのことです。




◆編集後記◆



第29回サラリーマン川柳コンテストで

ベスト10が発表されました。

→ http://www.oricon.co.jp/news/2071973/full/?anc=142#rk



1位は 「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」



私が個人的に好きなのは

10位の 「愛犬も 家族の番付 知っている」ですね。



犬という動物は

自分より、上には絶対服従、

その代わり、

下には態度がデカイ動物だと言われています。



それが

家族の中で、仕事で出かけていて、家にいる時間が短い

一家の主のことを

「自分より下だ」

と、思って、吠え倒すのって、

有り勝ちで

悲哀がこもっていて思白いなぁと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント