自販機設置の収支は、○○○○との位置関係次第


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





以前は、一棟物件なら

ほぼ設置されていた自販機ですが



その収支については

○○○○との位置関係と無関係ではありません。



○○○○とは?






コンビニです。



数年前までは

コンビニで飲み物を買うと

定価のことが多かったです。



なので

近くに自販機があれば

そこで買う方が、便利だったりします。



しかし

今では、同じ商品なら

コンビニの方が安いということは、誰でも知っています。



現に

コンビニの前に設置された自販機でさえ

コンビニより高いことが多いです。



なので

コンビニが直ぐ近くにあるのなら

ちょっと歩けば、同じ商品を10円とか20円とか

安く買えるのに

わざわざ、自販機で買う人はいないです。



ですので

コンビニとの位置関係は

物件の自販機の収支に直結します。



このことから

物件がコンビニから離れた位置にあるのなら

それなりに自販機で収入を上げることが出来る可能性が高いです。



但し

自販機の電気代はハンバではありません。



その高い電気代が

ランニングコストとなって

収支を圧迫することとなります。



なので

いずれにせよ

自販機で大儲けは難しいです。



まあ、それでも

物件の周辺が明るくなるとか

住民の利便性が上がり

結果、入居付けに役立つと思うのなら

赤字になるかも知れませんが

設置してもいいのかも知れません。




◆編集後記◆



メジャーリーグでは

敬遠はボールを4球投げなくても、

球審に敬遠の意思を示せば打者を歩かせられるように

ルール改正されるようです。



そうなると

巨人の槙原の敬遠の球をサヨナラヒットした

新庄のバッティングのようなシーンは

今後無くなるということになります。



他には

開幕戦で同点の2アウト2、3塁で

敬遠して満塁策をとったはずが

暴投となりサヨナラ負けを食らった、

阪神の小林繁投手のようなこともこともなくなります。



個人的には

大反対です。

書いたように敬遠にはドラマがあって

後世まで語り継がれる訳ですから

そんなルールは

合理的過ぎて、面白くないです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント