もし、東京五輪が中止になれば・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




東京都の舛添知事の公私混同問題で

盛り上がっています。



また

五輪招致に絡み

2億円超の黒い金が動いたとの報道もあります。


なので

東京五輪ってちゃんと予定通りに開催されるのかって

実は、心配しています。



そう書くと

「招致が決まってから開催地変更って前例はあるんかい?」

と、言われそうですが

私の記憶が正しければ

1976年の冬季五輪は開催地変更されたはずです。



1972年が札幌で

閉会式の時に

「次は、アメリカのデンバーで会いましょう」

って言ってたのに

インスブルックに変更になりました。



なので

絶対にない話ではありません。



まあ、日本人は誠実な国民性ですので

何が何でも納期には間に合うとは思いますが



招致に成功した猪瀬さんに続き

舛添さんまで退任(まだ、決まっていませんが)と、なると

主催都市の首長がコロコロ変わる訳ですから

なんかピシッとしませんね。



もし、東京五輪がよそへ移ったなら

東京五輪の開催を当て込んで

土地やマンションの値動きが起きた分は全部パー



日本経済も

五輪絡みで指標が動いていた部分もあるので

それが一気に戻ることになります。



それに

日本売りが加速は避けられません。



この反動は

リーマンショックどころの話では収まらないような気がします。



なので

個人的には

舛添さんには辞めてもらって

都知事にもっとクリーンな人を早期にを選ぶこと



あと4年間で

五輪の準備を完了させることは

日本の課題だと思います。

まあ、何とかやるとは思いますが・・・



◆編集後記◆




今日は、私の1年で最もイヤな日です。

その日とは誕生日です。



こんなのが嬉しかったのは20代前半くらいまででした。

私の場合、去年は55歳で

「四捨五入で還暦」

と、ちょっとふざけて言っていましたが

今年は56歳なので

マジでアラカン(around 還暦)です。



本当にイヤです。

こんなにイヤなら

4年後の

60歳の本当の還暦はめちゃめちゃイヤでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント