外壁塗装を終えたばかりの物件を購入するのは本当にお得なのか?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





物件を取得する際に

大規模修繕履歴をチェックするかと思います。



そこで、ここ数年に大規模修繕が施行済みだと

暫く、そのままで行けるので

ラッキーなことが多いです。



しかし

売主の立場からすると

売却を視野に入れた後で

大規模修繕をすることは稀ではないでしょうか?



売却すると決まっている物に

大規模修繕を何百万円なんて

そんな回収の見込みのないことをするのは

普通あり得ないからです。



なので

売却の、かなり近い時期に

大規模修繕が施行されていたとすると

注意が必要です。



特に、外壁塗装は気をつけた方がいいです。



というのは

外壁塗装の場合は

それだけで

瑕疵をすっかり隠してしまうことも可能です。



くさいものにフタをして高く売る作戦?



それにより

修繕にかかった金額以上に、物件を高く売る作戦?


その時に

手抜き工事をしたり

粗悪な塗料を使っても

施工完了時点では、

そのことが一見判別できません。



ダマされて買ってしまい

数年経つうちに工事のボロが出て来る。



この時点で

「しまった!ダマされた!」

と、言っても

瑕疵担保免責で買ってたらアウト



売主が宅建業者で瑕疵担保責任2年あったとしても

2年では、ボロが出ないことが多いです。



なので

外壁塗装を終えたばかりの物件を購入するのは

意外にリスクが隠れていることがあります。



その場合

外壁塗装工事の見積り書や請求書があるはずなので

その金額が相場から見てどうなのかをチェックすること

工事業者の評判を調査することなど

打てる手は打っておいた方がいいです。



◆編集後記◆




ヤフーのニュースを眺めていると

「ツタヤ創業の地に百貨店」って

記事を読むと創業の地は、枚方市って書いてあります。



えっ枚方かい?

私が住む市と比較的近い市が、まさかツタヤ創業の地とは!

地域としては、どちらも北河内地区となります。



京阪枚方市駅前って書いてありましたが

どこもビッチリ店があって

そんなスペースあったっけ?



明日がオープンだそうで

私も明日、枚方に行く用事があるのですが

渋滞しなければいいなと少々心配しています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント