架空のレントロールを見破る方法


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






物件資料を取り寄せると

レントロール(家賃明細書)が送られてくるのが普通です。



その時

「これホンマなん?」
と、思うことがありますよね。

私の経験上は、ほぼホンマでしたが

「絶対ウソやろ!」

と、いう物件も1つありました。


同じ棟の物件なら

基本的に

よく似た間取りは、よく似た家賃になります。



同じ1Kが、この部屋は4万円、この部屋は2万円というのは

普通考えられないからです。



この場合

4万円は、ちょっと臭いますね。



こんな時は

契約日をチェックしたらいいです。



例えば

2万円の部屋は、この春の4月入居

4万円の部屋は、10年前



これだと

1室だけ高い家賃であっても

それほど不思議ではありません。



築年数が経つほど、家賃は下がっていくので

あり得る話だと思われます。



なので

100%架空のリスクはヘッジできていませんが

架空でないという心象が得られることになります。



新し目の入居者の家賃がそんなものかどうかは

周辺の賃貸屋さんへインタビューすれば分かることです。

まあ、これも100%架空のリスクヘッジにはなりませんがね。



賃貸需要を知っておくためにも

是非、周辺の賃貸屋さんへインタビューはやっておいてください。




100%正しいレントロールを得るには

直近の管理会社からオーナーへ月次の振込明細をもらうことです。

しかし

生データはオーナーが嫌がる傾向がありますし

これとて

ニセの可能性も全くゼロではありません。



このように

100%正しいことを裏付けるのは

中々容易ではありませんが

それなりに正しそうというところまで持っていける方法って

何個かあるものです。

お試しください。




◆編集後記◆




今日は子供の日ということで

大阪府内の小学校(4年生男子)の調査で

子供の将来なりたい職業で

ユーチューバーが3位に入ったそうです。



ちなみに

1位はサッカー選手

2位は医者

3位は公務員



そういえば

うちの長女(大学1年生)がオープンキャンパスに行く中でも

吹田市にあるK西大学の生徒さんで

「一般企業を目指すと共にユーチューバーの道も模索している」

って言っていました。



時代はドンドン変わっていっています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント