労働だけで1億円作るのは無理です


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




金持ちとは

いくら以上のお金を持っている人かと聞くと

多くの方が1億円くらいを基準に考えているのではないかと思います。



しかし

労働だけで1億円貯めるのは、ほぼ無理です。



例えば

日本人の平均年収が400万円くらいですが

その場合

22歳から60歳まで働いて

1億5200万円です。



この金額は税込ですし

そこから社会保険料も引かれるし

第一、生活してかなければなりません。

なので

1億円など絶対に貯めることは出来ません。



では

年収を1千万円にすればどうでしょう?

その場合でも

3億8000万円です。

先ほどもいったように出ていくお金は、もっと増えるため

かなり質素な生活を送らないと

1億円など貯めることは、ほぼ出来ません。



なので

働いて1億円貯めるのは

ホストや風俗などの特殊な業界の方が

若いうちに稼ぎ出して

質素倹約して貯めこんで

その後キープするくらいしか方法はないと思います。



しかし

不動産を使えばどうでしょうか?



例えば

1000万円ほどの種銭を作り

1億円の物件をフルローンで購入する。



それほど珍しい話ではないと思います。



そうやって

家賃でローンを返済していきます。



その間

建物は帳簿上、減価償却して価値が減っていきますが

適切かつ計画的に修繕をやっていけば

実質的価値の下落は緩やかにすることが出来ます。



この方法で

ローン完済まで持てば

1億円近い資産が手に入ります。



もちろん

途中で物件の市場価格が上がった場合は

売ることで莫大な現金を手にする場合もあります。



なので

労働だけでは、一生働いても無理な

莫大な資産の保有は

不動産投資を使えばかなり容易に実現出来るということです。



世に言う資産家で

労働だけで大金持ちになった人ってほぼいません。

必ず、どっかで不動産を使っているものです。




◆編集後記◆




さっき、役所と郵便局に行ってきましたが

GW中の平日ということで

大混雑でした。



特に住民票や印鑑証明のコーナーは

椅子が全部埋まり

立って待っている人で

凄いことになっていました。



これじゃ、5時半閉庁ですが

ラストの人は8時くらいになるんじゃないですか?



こういう証明書関係は

一部導入されていますが

全部自販機で出来るといいなぁと思います。



但し

住民票って種類多すぎだと思いませんか?

名前だけのもの

世帯主名が載ったもの

家族全員が載ったもの

本籍地が載ったもの

種類があり過ぎて分からなくなります。



なので

こういうのも一度

整理する時に来ているのではないでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント