ペット不可物件をペット可にする場合のメリット・デメリット


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


ペット可の物件というのがあります。

ペット可にすることで

客付けに有利になったり

家賃を上げることに成功することがあります。



というのは

ペット可の物件は少ないです。


つまり供給量は少ないです。



なのに

ペットと一緒でないとイヤ

と、いう人もそれなりにいます。



なので

需要と供給のバランスから

入居に有利かつ

高い家賃が取れるということになります。



しかし

私なら、ある時点からペット可にするようなことはしません。



その理由は

アパートマンションなどの集合住宅には

ペットがイヤな人も多く住んでいます。



そういう人から見れば

例えば

ペット禁止物件に住んだはずなのに

隣から犬や猫の鳴き声が聞こえる。



これって退去リスクになりませんか?



退去までいかないまでも

ペット不可だから入ったと言う人が何人も出てくると

「やっぱりペット不可に戻そうかな」

これでは、方針がブレブレですね。



それにペットが住むとフローロングやクロスも傷みます。

臭いもつきます。



もちろん

集合住宅ではなく

戸建てならペット可はありだと思います。

但し、

フローロングやクロスが傷む

臭いがつくことは覚悟する必要がありますが。



集合住宅の場合は

新築段階からペット可にするとかですね。

これはナイスアイデアだと思います。



このように

私は、ある時点からペット可にするのは

得策とは思えません。

取得した時にペット不可なら

ずっとペット不可でいった方がいいと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント