繁忙期に売れ残った物件の家賃調整


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




入居者が居る状態で募集していた

私所有の2室については、どうもこの春の入居付けは厳しそうです。



こうなると

早期に埋めるためには

どこかの時点で家賃を下げる必要がありそうです。



管理会社は

どの物件でも埋めれば勝ち



我々大家は、

自分の物件に入居させないと負け



ですので

このハンドリングを

管理会社に任せ切っていては

いつまで経っても

「ん~申し込みないですね」

で、終わってしまいます。



なので

うっとうしがられても

需要の落ち込むタイミングを

しつこく聞き出しましょう。



値下げを渋って

来春に期待するか?

それとも

数千円値下げすることで

新入学生向けなら

4年間の継続的な収益を受け取るか?



どちらを選ぶべきか明らかですね。



◆編集後記◆




千葉ロッテVS.楽天 の始球式では

ロッテOBの村田兆治氏が131キロの球速を記録



66歳ですよ。

あり得ないですね。



一方で

かつてオリックスのエースだった

星野氏は、

「一度でいいから130キロを超える球を投げてみたい」

って

この差は何?



やはり村田氏は

鍛え方と日頃の節制がハンバないんでしょうね。



私もそんな元気なお年寄りになりたいものです。

まあ、家族はイヤがるかも知れませんが・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント