中古物件取得は即戦力採用と同じ


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






私は不動産投資の初心者には

基本的に中古から入ることをお勧めしています。


中古のメリットとして

既に賃貸している、ということが挙げられます。



そのメリットは

初心者にとって、有難いものだと考えるからです。



このことは

会社員の採用に例えることが出来ます。



即戦力の人材を確保するために

中途採用というものをすることがありますが



それは

以前の職での実績がある程度、分かっている人を採用して

直ぐに、前職で培ったスキルを活かして欲しい。

と、いうのが、主な目的になります。



ですので

会社としては

前職での活躍度合いをチェックすることで

ある種、リスクヘッジが出来る訳です。



その代わり

定年までの期間が短い=活躍できる期間が短い

このデメリットを受け入れるということです。



他方

新築の場合は

新卒採用に似ています。


つまり

活躍できる期間は長くとれる。

と、いうメリットの代わりに

過去の実績がない。

と、いうデメリットを受け入れる訳です。



そして

これから実績を出すために

こちらから働きかけないといけません。




そう考えると

初心者ならどちらのリスクを受け入れやすいかは

明らかですね。

実績がないリスクの方が厳しいはずです。



但し

その場合でも

例外があることに注意する必要があります。



中古でもボロボロ物件は

初心者の手に負えませんし



最近では、

新築と築浅物件の利回りが接近してきました。

なので

中には、初心者が手を出してもいい新築がある場合もある。

と、いうことです。




◆編集後記◆




高速道路の一部が近い将来、

最高時速120キロで走れるようになるようです。



確かに

渋滞以外で

時速80キロは、遅すぎて

逆に危ないです。



高速道路の速度制限というと

ドイツのアウトバーンが有名です。

制限速度なし

200キロでも300キロでもOKです。



私もドイツ旅行の経験がありますが

私が乗ったバスの運転手も

100キロ前後で運転していましたし

道幅は広いですが

速度に関しては日本と同じような感じです。



なので

日本もネズミ捕りを気にする機会が減る以外は

実質、そう変わらないのではないかと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント