破格の高利回り物件が生み出されるのは、どういう時か?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


楽待、健美家などのポータルサイトを見ると

新し目の物件は、ほぼ利回りが一桁です。

では、市場には、そんな物件ばかりが出回っているのかと言うと

そうではありません。


破格の高利回り物件はどうやって生み出されるのでしょうか?


その原因は値付けの失敗です。


売買を依頼された元付け業者が

収益物件に詳しくなくて

相場からかけ離れた値付けをする。



もう1つの要素としては

依頼者が収益物件の相場に詳しくなく

業者の値付けを鵜呑みにする。



この2つの条件が組み合わさると

破格の高利回り物件が生まれる可能性が高まります。



但し

こういう物件は

収益物件専門のポータルサイトに載る前に

消えてしまいます。



こういう物件を買うには

仲介業者に自分の名前を売って置き

“買える客”を印象付けることです。



私も実際に、こういうルートで1物件買った経験があるのですが

その時は

それほど値付けのミスはなく

相場通りでした。



但し、融資交渉で苦戦し、長期戦になったのに

それでも買えたのは

やはり川上情報だったからだと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント