会社で偉くなり過ぎると不動産投資できません


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




今月の下旬には

会社員時代の同期の集まりが予定されています。



私は、会社では

「あんな社員になるな」

と、反面教師にされているでしょう。

そういうことを同期の連中は言いませんが・・



その一方で

私の書く記事を

毎日楽しみにしている方も会社にいるようです。



「会社で偉くなる」

私も入社した当時はそう思っていました。



しかし

それって大変ですよね。



私のいた会社は東証一部上場企業でしたので

基本的に

偏差値がそこそこ高い大学を出ないと入れません。



なので

ライバルは、基本、頭がいいヤツしかいません。



そんな中で勝ち抜いていくには

どうしたらいいでしょうか?



必死のパッチで

1日24時間を会社に捧げる覚悟の人間がだけが

偉くなれるわけです。



そういう人間は

副業などというのは考えることさえしないと思います。

当然、不動産投資もですね。



むしろ

不動産投資などの副業をする社員を叱責し、

本業に専念させるのが役目になります。



ですので

不動産投資をする人間は

上場企業などでは

私のように何度もピットストップ(休職)を経験した人間

もしくは

中途半端な地位までしかなれなかった人間です。



中小企業の方の場合は

「こんな安月給でこき使いやがって」とか

そもそもブラック企業とか



そういう

やや悪い環境にいる方が

その環境を抜け出すために選ぶのが不動産投資だと思います。



なので

誰もが一度は憧れる

会社員での出世は

それが過ぎると

むしろ不動産投資の障害になる、ということです。



出世が、いいのか悪いのかは分からないですが

たとえ役員になっても

65歳~70歳くらいになったら

会社を去る運命なので

出世に遅れても不動産投資を始めている方が有利なように思えるのですが・・



◆編集後記◆




「大阪で火葬する遺体を取り違える事案が2件、計4遺体」

って、これはアカンやろ

身元不明遺体とのことですが

これが身元が分かっている遺体なら

遺族は他人の遺骨に拝んでいることになります。



私も何度も火葬に付き合ってきましたが

焼く場所に亡くなった方の名前を書いてある火葬場もあれば

番号やアルファベットだけの所もあります。



番号やアルファベットだけの所の場合

「ホンマに、その骨で合ってるんやろな?」

と、思います。



それにしても火葬って

持ち帰る遺骨は僅かで

大半は、共同埋葬墓に持って行って処分ということになります。

そういう意味では

人の死ってはかないものだなぁと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント