不思議ですね!買う特は経費にならないのに、売る時は経費になるって


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




確定申告も大詰めを迎えております。

あと1週間もありません。

私も必死のパッチで申告ソフトに入力していますが

子供たちは春休みのため

外出にもつき合わされ、全然はかどっていません。


不動産投資の確定申告ということで

1つ間違いやすい事例があります。



それは

仲介手数料の税務処理です。



売買の仲介をしてもらった見返りに

その会社に支払うわけですが

これを物件購入時に

経費として処理するという間違いが結構、多くみられます。



楽待コラムを書かれておられるような

有名な投資家さんでも

「今年は、物件を購入したため、仲介手数料が多額で、赤字申告となりました。」
こんな記事を書いているのを見たことがあるので

割とよく間違えられる事例だと思われます。



仲介手数料は

物件の取得原価に算入です。

そして

建物に該当する分については

減価償却という形で経費化されることになります。



しかし

不思議なことに

売却の時に払う仲介手数料は

譲渡費用になりますよね。



譲渡益=売却額ー売却時の帳簿価格ー譲渡費用



この式の譲渡費用の大半が仲介手数料になります。



まあ、売却の段階では

所得原価に算入など物理的に出来ませんが・・



若干

釈然としませんが

こう決まっているので

その通りにやるしかありません。



間違えやすいので

注意するようにしてください。



◆編集後記◆




下町ロケットで1度は、佃製作所を裏切り

後に、人工心臓弁ガウディーで再び協力者となる

真野研究員役を好演した山崎育三郎が

バラエティーでも引っ張りタコだと言う。



私も、しゃべくりセブンで見ましたが

「おもろい兄ちゃんやん」

って思いました。



元々は

レ・ミゼラブルなどのミュージカルで活躍する役者さん

それが、あの人気ドラマ 下町ロケットで注目されたかと思うと

元モー娘。安倍なつみと結婚

その時点では

「山崎育三郎って誰やねん?」

って感じでしたが、ちゃんと読むと

「真野かい?」



これで知名度も上がり一気にスターダムに・・



1980年くらいの漫才ブームの頃

紳助・竜介 サブロー・シロー ザ・ぼんち のりお・よしお などが

たった1回の漫才番組の放送で

一夜にしてスターにのし上がったのを思い出します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント