震度5弱!地震保険の是非は?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。



昨日は関東で

最大震度5弱の地震があったようですね。


地震と言えば

不動産投資家として

気になるのは

地震保険の存在です。



地震保険の保険金額は

火災保険の1/2です。



火災保険で

再調達価格

つまり

新築で立て直した場合にかかる金額を

最大でもらえる契約にしている場合



火災で全損なら

新築が建つのに

地震で全損の場合は

半分は自分のお金で建てないといけません。



それと

地震保険で注意しておかねばならないことがあります。



実際に地震で被害が出た場合

被害の程度により、3段階に分けられています。

・全損 ・・・全壊等 100%

・半損 ・・・躯体部の柱が何本も痛んでいる等 50%

・一部損 ・・・外壁タイルの一部が崩落等 10%



例えば

東日本大震災の時の宮城県では

全損が1%

半損が15%

一部損が75%

支払なしがなんと10%です。

(出典 “不動産投資1年目の教科書”玉川陽介 著)



驚くほど

保険金の支払いがされていません。



鉄筋が露出している場合でも

半損には認定されず

一部損という認定だったようです。



こういう状況なので

木造物件(特に旧耐震物件)は

地震保険に加入しておいた方がいいと思いますが

地震に強いRCや鉄骨の場合

費用対効果を考えると

ちょっとどうなん?って感じです。



まあ、それでも

僅かな保険料でまさかの被害を

少しでも補てん出来るのなら

あえて加入するというチョイスもあり得ます。



あとは

市区町村が発行している

ハザードマップで

物件の位置の危険度を判断して

総合的に判断するようにしてください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント