何故、滋賀県は人口増えているのか?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




今日の新聞の1面(産経)は

国勢調査の速報値で初の人口減が明らかになったという話題でした。


数日前の私の書いた記事で

大阪府の人口が68年ぶりに減少したことを書きましたが

ついに日本全体としても

そういう時代に突入したということです。



人口が増えているのは

東京都と、その近辺のいわゆる首都圏

それと沖縄、愛知、福岡

近畿では滋賀県です。



昨日の夜の関西版の報道番組を見ていると

近畿で唯一、人口が増えた滋賀県が特集されていました。



滋賀県のことを

俗に、“ゲジナン”と、言ってバカにする方も多いです。



“ゲジナン”とは

車の滋賀ナンバーの

滋賀と書いてある

滋の糸という字の上半分の所が

ゲジゲジになっているので

ゲジゲジナンバー

縮めて、ゲジナンって言うのですが

近いうちに

このデザインが解消されると新聞に載っていました。


まあまあ、それはどうでもいいですが



滋賀の人口の増加は

やはり、うなづけるところがあります。



というのは

県庁所在地の大津市は

京都からすぐです。



ですので

京都の外れに住むより

大津に住んだ方が京都の中心部へのアクセスがいいです。



それに

JRを使って

大阪までも直ぐに行くことが出来ます。

(JRの新快速で大津~大阪 最短40分)



ですので

わざわざ大阪や京都の地価の高いところに住まなくても

住居コストが安い滋賀県で充分、という考えも分かります。



住民へのインタビューでは

「適度に都会、適度に田舎」

何だか的を射ているような気がします。



特筆すべきは

滋賀県の平均年齢です。



47都道府県のうち

沖縄の次に若いんだそうです。



大阪や京都から移住する

若いファミリーが多いことの現れでしょう。



但し

県内の格差は激しいでしょう。



大津近郊は

人口も増え、若い人が流入していることは想像できますが

滋賀県も、中部より北は

冬は雪深い、かなりの田舎です。



また、福井・岐阜・三重と接していて

それぞれ、近い辺りは

やはり過疎がかなり進んでいることは否定できないでしょう。



不動産投資との関連で考えると

滋賀県の物件への投資は有望だとは思いますが

それは、地域次第であるということが出来るのではないでしょうか?




◆編集後記◆




今から30年以上前に

究極の選択というのが流行しました。



例えば

ウンコ味のカレー

カレー味のウンコ

絶対に、どちらかを選ばなければいけない場合

どちらを選択するのか?


ちょっと汚い例ですみませんでした。

それしか覚えていなかったので・・



実は、昨日、ブラックマヨネーズがMCを務める

“真夜中芸人”という番組を見ていると

M1王者 トレンディエンジェルが出ていて

そのメンバー たかしが、とにかく若い女子が好きで

美人の30歳より、ブサイクでも20歳の方がいいって言っていました。



ここで吉田(だったかな?)が

「じゃあ40歳に見える20歳 と 20歳に見える40歳なら、どちらを選ぶ?」

と、究極の選択の感じで話を振ると

たかしが

「絶対に40歳に見える20歳です。」



まあまあ、人の好みですので

とやかく言えませんが

面白いと思ったので書いてみました。



今日は、軽過ぎる話題ですいません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント