生活保護受給者受け入れのデメリット


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


生活保護というと

家賃が決められた上限を取れるし

役所から直でもらえるようにすれば

滞納のリスクは一切ない。



メリットしかないように見えます。



しかし

いくつかのデメリットがあるようです。



まず入居者の属性が下がります。



収入がしっかりある人ばかりの物件なら

モラルもしっかりしている人が入っていることが多く

トラブルは滅多に起こりません。



しかし

属性の低い人が集まると

どうしてもモラルも低くなり

トラブルは増えてしまいます。



次に

生活保護受給者がなぜ

生活保護を受ける状態になったのかを考えてみると

結構な理由が見つかってきます。



例えば

薬物依存、精神障害

この2つの場合は厳しいですね。

受け入れれば

どんなことが起こり得るのか

考えるだけで怖いですね。



ヘタすると

事故物件になってしまいます。



確かに生活保護受給者を受け入れるのは

美味しいところもあります。

ですが

デメリットも多くあるので

それらを分かった上で

入居審査をするようにしてください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント