入居者から家賃の値引き交渉された話


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





入居時に家賃の値引き交渉されるのは、よくある話ですが

入居中の入居者から値引き交渉されたことがあります。



どういう方法かと言うと

インターネットで空室を埋めるべく

募集していました。



インターネットですので

ネット環境さえあれば、誰でも見ることが出来ます。



ある日、私の物件の入居者が

ネットサ-フィンしていて

自分が住んでいる物件の募集広告にたどり着きました。



その人が払っている家賃が4万3千円

募集している部屋の家賃が3万8千円



「この差は何やねん?」



なので

「同じ物件なのに、自分の家賃が高いのはおかしい。」

って抗議してきました。




仕方がないので

「じゃあ2000円だけ」



「もう一声下げてもらわないと退去も・・・」



結果的には

3000円の値下げで決着しました。



大家側の立場としては

退去して、再募集の損失は計り知れません。



特に、この交渉のあった時期は

4月に入ってから



ですので

完全に、繁忙期は終了しています。



なので

私の方としても、値下げせざるを得ませんでした。



この入居者が

「4月に入ると入居付けはシンドイ」

と、いう事情を知っていたかどうか分かりませんが

入居者も年々賢くなっていっています。



また、インターネットで情報が丸見えになる時代ですので

あなたも今回の

私と同じようなことを経験するかも知れません。



なので

その時の対処方を考えておいた方がいいです。



◆編集後記◆



福岡市の人口が神戸市を抜いて

政令市で5位になったそうです。


ちなみに

福岡より人口が多い政令市は

多い順から

横浜・大阪・名古屋・札幌



私が最初の一棟物件を取得するために

福岡に行った時も

「福岡は人口が増え続けていまして、京都を抜いたんですよ。」

って言っていました。



ところで

福岡の人に

「日本3大都市は?」と聞くと

「東京・大阪・福岡」と殆どの人が答えるんだそうです。

ちょっと自信過剰ですね。



私は、大学が神戸でしたし、物件を福岡に持っているので

神戸も福岡も、どちらも好きな街です。



何処が好きかと言うと

程よく都会感がちょうどいいところです。



梅田や難波のような

人だらけでうんざりするのではなく

かと言ってさびれてはいない。



どちらもしばらく行けていないですが

上の子の受験も終わったし

行ってみようかな。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント