fc2ブログ

投資家になれるかどうかに深く関わる親の職業観

私の作った不動産投資の無料ノウハウ集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

 


民泊PR動画(チャンネル登録よろしくお願いいたします)

大阪物件
→ https://www.youtube.com/watch?v=XF7KQvysMAE

京都物件
→ https://www.youtube.com/watch?v=1W9jv3Woqec




知り合いの人で

女子高で数学教師をしていた人が居て

辛いので辞めたという人がいました。



高校生くらいの女子は

上位高の生徒以外は、ほぼ数学が苦手

なので

余程、カッコいい先生以外は

ほぼ全員嫌われます。



ちなみに

この人の両親は2人とも教師



親が2人とも教師だと

自然と子供も教師を選ぶ場合が多いと思います。



教師同士の結婚式に出たら

両家の一族郎党、教師だらけで

そのせいでスピーチが長くなり時間が押したというのは

あるあるです。



自分の場合は

大学生の時に、就活の時期になっても

「サラリーマンという職業を選ぶのは果たして正解なのか?」

という疑問がつきまといスムーズに就活に入っていけなかったのですが

一方で

淡々と就活に入っていく学生もいました。



聞けば、親はやっぱりサラリーマンでした。



親がサラリーマンだと

何の疑いもなく就活に入っていけますよね。



このように

親の職業観が本人の職業観に影響を与える場合が多いです。



でもし、親が一途に会社に仕え

別に自分のビジネスを立ち上げるなんてやったこともなければ

考えたことがない場合

その子供も同じ道をたどる場合が多いのではないかと思います。



その場合

まず100%不動産投資に乗り出すことはないでしょう。



仮に乗り出したとしても

どんなに投資規模が大きくなっても

リタイヤはせずにサラリーマン大家で定年まで行くでしょう。



大家業の人を相手に商売している

不動産業者とかに

「どんな物件を買えば儲かるかを熟知していて

物件情報を一般投資家より先に知り得る立場の人が

何故、物件を買わないのか?」


疑問を持つことがあります。



「このっサラリーマン風情が・・・

と、思ってしまいますが

親の職業観が影響をしているので仕方がないです。




◆編集後記◆




横浜DeNAが強いですね。

先発が今永なので、そうそう点を獲れない。

私が応援している阪神はエース青柳なので

1点勝負か?

何とか序盤に崩したいと思ったのですが

スタメンを見てコケそうになりました。



前日までの試合でスタメンでクリンナップを打って

そこそこ機能していたロハスJRがベンチスタート

更に左投手には抜群に強い山本がスタメン落ち

これでは

得点が入る映像が浮かんできません。



2アウト満塁で代打ロハスでしたが

普段から代打で出ない選手で直前の試合まで

中軸を打っていた選手が

チャンスでいきなり打てと言われて打てるものではありません。



山本も代打に出てヒットを打ちましたが

後続が倒れてすぐに引っ込んでます。



結果的に私が思った通りに完封されました。



多分、今日も昨日の試合のような

ラインナップで行くのだと思います。

DeNAの濱口はいい時と悪い時の差が大きい投手で

もしいい時なら

今日も厳しいかも知れません。

メルマガではブログや無料レポートには書けないような 秘匿性の高い情報をお届けしています。


今後、私のメルマガを読みたいという方は こちらのメルマガ登録フォームに、


普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント