(続)詐欺商品を売る営業マンのスキルを見習うべき


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050



昨日の“詐欺商品を売る営業マンのスキルを見習うべき”

という記事で

1つ重要なことが漏れたので

今日は、そのことを書きます。



昨日の話では

詐欺商品を売る営業マンは

詐欺商品は普通に売ろうとして売れないので

物凄く、セールススキルが上達してくる。



そんなセールススキルを持ちながら

あなた自身も物件自体も魅力度を増していけば

鬼に金棒である。



そんな内容を書いたつもりです。

一部、表現が違うのはお許しください。



実は

詐欺商品を売る営業マンって

不動産業界で暗躍していて

彼らのせいで

不動産投資のイメージが悪くなっている。

そんな人達っていますよね。



そう

都心の新築ワンルームを

法外な値段で売りつける営業マンです。



よく会社とか家に

電話がかかってくると思います。



彼らの手口は

不動産のことをよく知らない善良な市民を捕まえて


・家賃収入とローンの返済で差し引きで、毎月いくらかの持ち出し

・持ち出し分はあっても、あなたの給与収入と相殺できるので節税になる

・そのだけの負担を○○年続け、ローン返済後は完全にあなたの物

・月に数万円でこの物件があなたの物になるんですよ。

・元気なうちに払い込み、老後は年金代わりになりますよ。



こんな表現を駆使して

初心者を丸め込むんですね。



まともな不動産投資なら

稼働後持ち出しにはなりません。



それに

まともな不動産投資なら

買う時に初期費用がかかって一時的にマイナスになっても

稼働後は

利益が出るので節税にはなりません。



それに

ローン返済まで長期間ですので

入居者も入れ替わりますよね。



退去が出れば次の入居者が入るまで収入はゼロ

退去時の原状回復工事も費用がかかりますし

客付けのための広告費もかかります。



それに

部屋が時代遅れになって

もし、リノベなどをしたら

びっくりするほどのお金が出て行きます。



なので

こんなのを買ったら最後

立ち直れないです。



こういうのを買っても

後に

私などがする、まともな不動産投資に出会い

ダマされた経験をバネにして

大きく成功する方もいらっしゃいますが



大半は

「不動産投資なんて二度とするか!」

こうなるのではないでしょうか?



こういう営業マンも

根っからの悪人で

人をダマすのが快感で

営業している人は少ないとは思いますが

そういう会社にしか入れない場合もあるので・・



まあ、面識もないのに

電話営業してくる会社には、まともに取り合わないことです。



そして

あなたが、まだ不動産投資の知識に自信がないのなら

成功している大家さんにセカンドオピニオンを取ることをオススメします。



時間が許せば

大成功とまではいきませんが

私も相談に乗りますよ。



◆編集後記◆




私の好きなTV番組に

テレビ東京系列の関西では土曜の夜12時頃から放送している

“家、ついていっていいですか?”です。



終電を逃した人に声をかけ

タクシー代を払う代わりに

その人の家まで密着するというものです。



何が面白いのかと言うと

その人の人となり、今までの人生の道のり

そんな身の上話から

その人の

人生が垣間見えるのが面白いんです。



例えば

夢見て上京した日のこと

夢が破れた日のこと

失意の上、帰郷したが、やっぱり諦めきれないこと

そして

今何を思い暮らしているのか?



人の数だけ人生はあるんやなぁ

と、思います。

こう思うのも私が歳を取ったからなのか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント