区分を買う時は、面積で注意すべきことがあります


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




今日は、Airbnb用に最初に仕入れた物件に

やっと家具が搬入されるというので

覗きに行ってきました。


ここはマンションの1室ですが

このようなマンションの1室を

区分所有する方は1つ注意すべきことがあります。



それは

一般的に示された面積と

有効面積(室内の面積)が違う
ということです。



一般的に示された面積は

壁芯と言って壁の真ん中からを基準にした面積です。



なので

壁の厚さの半分に相当する部分は有効面積に入っていません。



もっというと

柱部の出っ張り部分も

壁芯から見るので

こんなのが室内に2箇所くらいあると

平気で1㎡くらいは損してしまうことになります。



壁部分は仕方がないとしても

柱を避けたいのであれば

図面をよく見て

柱のない部屋を買うことです。



しかし

柱のない部屋に角部屋は殆どありません。



角部屋は

窓が多く取れるので人気ですが

2本の柱部が室内に出っ張ることは覚悟しないといけません。



大抵

靴を脱ぐスペースが狭くなっていたり

奥の部屋の端が柱の出っ張りで狭くなっているようです。



なので

ここは面積を取るか採光を取るかというのは

オーナーの決断が求められるところです。



◆編集後記◆



Airbnb用にワイファイを契約し

キャッシュバックを狙っていて

某プロバイダーの場合

そのプロバイダーの提供するメールアドレスに

キャッシュバックの情報が送られてくるので

アウトルックにメールアドレスを追加しようとしているのですが

マニュアル通りやっても出来ません。



同じ作業を深夜にかけて10回くらいしましたが

全部アウト



お蔭でかなりの寝不足です。



もしかしたら

そのプロバイダーのワイファイを起動して

つないでからしか無理なのでしょうか?



10日に代行会社に渡すので

それまでに完了させなければ・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント