つくづく不動産投資は投資ではないと思った瞬間


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


私の不動産投資デビュー物件は

今から思うと

「失敗だったなぁ」と、思います。


築古戸建てを

大した指値もせずに購入。

今ならあんな値段で買わなかった。



購入後

賃貸に出すために大規模修繕を実施。

これも自己満足に近いリフォームでした。

ビジネスと考え

費用対効果で考えた場合

果たしてあれが正解だったのかと思います。



その結果

1人の人に貸し

退去があって

次の1人に貸し

その分は滞納も少しあり

この投資は失敗だったなぁと思います。



それでも

昨年、売却するまで

トータルで

損はしていません。



こんな失敗だらけの賃貸経営であっても

損はしなかった。

これは凄いと思いませんか?




もしこれが株だったら

大損ですよ。



株の場合は

本人の頑張りや努力で

投資価値を向上することは出来ません。



高値掴みすれば

即アウトですね。



株価の値動きを

ある程度想定することが出来たとしても

「こうなって欲しい」

と、祈る要素が多いです。



不動産投資は

失敗物件を買っても

修繕にお金をかけ過ぎても

経営努力で何とか回すことが出来る。



やはり

不動産投資は投資ではなく経営である。

と、つくづく思う瞬間でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント