FC2ブログ

ネット系の損保を使って保険料を節約

私の作った不動産投資の無料ノウハウ集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

 


民泊PR動画(チャンネル登録よろしくお願いいたします)

大阪物件
→ https://www.youtube.com/watch?v=XF7KQvysMAE

京都物件
→ https://www.youtube.com/watch?v=1W9jv3Woqec

申し込みフォームはこちら
→ https://yokorental.wixsite.com/home



実は去年、自宅の火災保険が満期になり

新たに、保険を契約することになりました。



ネット系の損保は

ネットに条件を打ち込めば保険料が計算できるので

様々な保険会社で、それをやり

保険料を比較してみました。



元々は、20年前に、住宅ローンを組む時に

当時の さくら銀行(現在の三井住友銀行)で住宅ローンを組み

そのまま三井海上火災?(現在の三井住友海上火災)で

ローン期間の年数分の火災保険に加入し

保険料を一括で支払いました。



当然、元の代理店から連絡が来ますが

この20年の間に火災保険料はアホほど値上がりしていて

大手損保ということもあって

「うわっ高っ」

っていうレベルです。



車の保険は

セゾン損保に入っているので

火災保険を調べたのですが

セゾン損保は、損保とついているのに火災保険はやっていないようです。



セゾン損保の前に車は、チューリッヒ保険に入っていて

そこも結構安かったので

調べてみると、ここも火災保険はやっていないようです。



次に、調べたのは、楽天です。



当時、楽天ゴールデンイーグルスの本拠地が

楽天生命パークと命名されていたので

「きっと火災保険もやっているやろ」

と、思い見積もってみましたが

大手と差がありません。

これではネット系を選んでいる意味がないですね。



その次に調べたのが

ソニー損保です。

見積りしていると

実は、大手の8掛けくらいでした。



なので

それに申し込みました。



私が入ったのは自宅の分です。

収益物件のような大型物件や

メガ大家さんなどで件数が多い場合は

大手より2割安かったら

年間の収支の影響はそこそこ大きいですよね。



ランニングコストを抑えたい場合は

やってみる価値ありだと思います。




◆編集後記◆




1年前の緊急事態宣言の時も

「えらいことになった」

と、思いましたが

大阪府は1年前よりずっと大変なことになっています。



ホテル療養中のコロナ患者が

肺炎の症状が出たり症状が重くなっても

最長で7時間も受け入れ先がないまま救急車に乗ってたそうです。



空いている資源を全てコロナ患者に当ててるので

命に関わるコロナ以外の病気は、受け入れ先がないらしく

受け入れ先を見つけるのに20時間掛かった例もあるようです。

まさに医療崩壊の様そうを呈しています



こうなって来れば

広域搬送 例えば、大阪ので受け入れ先がない場合で

滋賀県で受けたり三重県で受けるとか兵庫県の播磨地域(姫路とか)

そういうことを前提としたシミュレーションは当然必要と思いますが

1年経っているのに何もない。



都道府県は、その都道府県をどうするかを考えるのが仕事なので

都道府県を超えた広域搬送の仕組みは

国が主導で構築しなければならない訳ですが

全然ですもんね。



滋賀県知事が大阪府に看護師を派遣して

滋賀の人から批判されているようですが

最初から決め事があれば、批判なんかされないですよね。



1年経っているのに

何も学んでいないのが残念すぎます。

メルマガでは無料レポートには書けないような 秘匿性の高い情報をお届けしています。


今後、私のメルマガを読みたいという方は こちらのメルマガ登録フォームに、


普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント