FC2ブログ

前回の記事訂正&コロナ融資まさかの否認!

私の作った不動産投資の無料ノウハウ集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

 



民泊PR動画(チャンネル登録よろしくお願いいたします)

大阪物件
→ https://www.youtube.com/watch?v=XF7KQvysMAE

京都物件
→ https://www.youtube.com/watch?v=1W9jv3Woqec

申し込みフォームはこちら
→ https://yokorental.wixsite.com/home





前回の記事で、九州2号物件の融資の借り換えを

公庫に申請したことを書きましたが

読者の方からメッセージをいただきました。



そのメッセージは

「公庫は借換えはやってないと思います。」



今朝、丁度、公庫から別件で電話があり

その話が終わった後、聞いてみたら

「そうですね、既存の融資の代わりにというのは扱っていません」

という返事でした。

直ぐに、申請を撤回しました。



公庫から電話があった本題の方は

コロナ融資です。



去年の春に新型コロナ感染症が拡大し

その時に、公庫から融資を引きました。



ですが

新型コロナウィルスは、一時、収まるように見えましたが

何度も波を繰り返し

現在じゃ新型の新型とも言える変異株のウィルスの波が来ていて

第4波と言われています。



そういう状況なので

海外からの旅行者はほぼゼロ

外国人の旅行者をターゲットとする民泊は

瀕死の状態です。



公庫のページをみたら

「既に借りている事業者が

更に資金繰りが悪化した場合は、ご相談ください。」


と書いてあるので

電話して、必要書類を聞いて借入を申し込みました。



その確認として

今朝、電話があったという経緯です。



担当者の話では

「これから上司とも相談して決めますが

借換えた上で10万円を上乗せくらいで

ご支援いただくことになる可能性があります。」




えっ10万円?

そんな金額じゃゼロ回答と一緒です。



元々1年据え置きが、そろそろ終わり

間もなく返済が始まりますが

借換えになると

今から1年は据え置きになるので

返済は遅れさせることが出来ることが唯一のメリットです。




◆編集後記◆




昨日の阪神 対 ヤクルトの試合は

警告試合となりました。



金曜の試合で、藤波がヤクルトの主力に2死球

彼の場合は、コントロールに相当難ありですので

わざということでは絶対にないと思いますが

当てられた方としては、150キロ越えの速球を

当たられた訳ですから、たまりません。



1日雨で流れ

昨日も2死球



ラジオで解説していた阪神、ヤクルト両方のOBの浜中氏によると

昨日の試合で、

「これだけ当てたら、やり返されても文句は言えないですね。」



その後の阪神の攻撃の時に

ヤクルトの梅野投手が大山に死球



それを見て、浜中氏は

「今のは明らかにワザとですね。

キャチャーの構えた位置が打者のすぐ後ろまでいってましたから」



その様子から、審判団が協議して

警告試合が宣言されました。



警告試合になると

それ以後の故意の死球は、即刻退場になる場合があります。



そんな荒れた試合が終わり

明日から首位攻防の対読売戦



敵は、カープに菅野、戸郷で負け

今年は弱いのかなって思ったのですが

それ以後、1つも負けてません。



阪神と読売のマッチレースの様そうを呈してきました。

メルマガでは無料レポートには書けないような 秘匿性の高い情報をお届けしています。


今後、私のメルマガを読みたいという方は こちらのメルマガ登録フォームに、


普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント