預金振替納税のメリット・デメリット


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050



今日は、前年7月から12月までの源泉税の納付

法定調書の提出に税務署に行ってきました。



ついでに

振替納税の手続きをしてきました。



振替納税とは

確定申告などで税金が確定すると

その金額に基づき、税務署が納税者の口座から引き落とすもので

書面を1枚提出するだけで完了です。



詳しくは、こちらの国税庁のサイトをご覧ください。

→ https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/annai/24100020.htm


私は

平成28年2月以後期限が到来する国税にしましたので

この3月の確定申告から適用されます。



この制度にするメリットは

確定申告の時に、時間に余裕が生まれることです。



3月15日に所得税の申告納税期限ですが

この制度を選ばない限り

銀行で納付するなら

納税を銀行が開いている、その日の午後3時までに行く必要があります。

また

その資金の手当ても必要です。



しかし

この制度なら

申告書が受理されさえすればOKです。



納税金額は

申告に基づき4月10日(多分?)に引き落とされるので

申告期限に資金を用意する必要はなく

その間、資金運用することも出来ます。



但し

デメリットとしては

銀行・支店・口座を1つしか選べないので

年によって資金を出す口座を変えることは出来ません。



全体的に言えば

メリットの方が圧倒的に多い制度ですので

利用してみては如何でしょうか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント