思い切って資金を支出できれなければ、自営業主ではない


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




両親ともに会社員、当然、本人も会社員の方と

親が小規模でも事業をしていた家庭に育った方と

決定的な違いがあるように思います。


ちなみに私は

親が商店経営(鮮魚)していました。

分かる範囲では遡ること3代鮮魚商です。

なので

私は後者の方です。



父親の店では

大晦日1日だけで父母2人だけで100万円くらい売ったりしていたので

それだけ考えても

かなりの金額の仕入れをしているはずです。



つまり

先にお金を支払って、それを後で回収する。

こうすることでビジネスが成り立っているわけです。



世の中のどんなビジネスでも

細かい所で違っていても

基本は同じです。



当然、不動産投資でも同じですよね。



フルローンを引けたとしても

諸経費分は自分で支出する必要があります。

仮に1億円の物件なら

諸経費は700万~800万円くらいです。



まあ、諸経費も含めたオーバーローンというのも

あるにはあるのですが・・・



その支出が思い切って出来ないと

後でリターンを得ることはありません。



一方

会社員一辺倒で育った方は

先にお金を出して後で回収するということが

ピンと来ていないことが多いです。



もちろん全員じゃないですよ。



不動産投資も

不動産賃貸業というれっきとした事業で

それを実践する人は

自営業主です。



先にお金を払えないのなら

その方は自営業主とは言えないです。



よく勉強しているのに

中々大家さんになれない方は

そんなことも影響しているのではないでしょうか?


あくまでも私見ですが


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント