FC2ブログ

注意!不動産所得の赤字は全額損益通算できない

私の作った不動産投資の無料ノウハウ集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

 


メルマガでは無料レポートには書けないような 秘匿性の高い情強調文報をお届けしています。


今後、私のメルマガを読みたいという方は こちらのメルマガ登録フォームに、


普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





FPの実技試験の中で典型的な問題があります。

それは、不動産所得を損益通算する問題です。



例えば

給与所得500万円

不動産所得▲80万円(うち土地取得のための負債利子50万円)



この場合の総所得はいくらでしょうか?

正解は470万円です。



そのまま損益通算すれば420万円ですが

土地取得のための負債利子は損失と見てもらえません。

なので

500万円ー30万円となり470万円となります。



いやらしいことに

選択肢の中に

「420万円」も用意されています。



損益通算できる所得の種類は

「フジサンジョウ」と覚えます。


フ・・不動産所得

ジ・・事業所得

サン・・山林所得

ジョウ・・譲渡所得



ですので

多くの人が

「フジサンジョウなので、損益通算できるので420万円」

と、思って間違ってしまう訳です。



私の記事の読者の方は

まさか、節税対策のために不動産投資をしている人はいないとは思いますが

念のためです。



これらから言えるのは

不動産所得をマイナスにする効果は

思ったほどないということです。



なので

節税のために不動産投資を始めた方は

こんなところでもダマされています。




◆編集後記◆




今週末は、フィギュアスケート4大陸選手権があります。

世界には5つの大陸があるので

南極大陸以外の4大陸と思いきや

ヨーロッパ以外の国が参加する大会になります。



毎年、全日本選手権の1位、2位と4位は代表選手ですが

後に行われる世界選手権に出る選手は、

2回ピークをもってくるのが大変なため、棄権することが多いです。

日本チャンプの宇野選手も棄権しています。



そんな感じですので

羽生選手は、4大陸選手権でチャンピオンになったことがありません。



今年はVを狙って、フリーを滑り慣れた平昌五輪の時のプログラムに変更するようです。

ですが

ネイサン・チェンが出ない大会で優勝することは、

あまり意義があるとは思えません。

メルマガでは無料レポートには書けないような 秘匿性の高い情強調文報をお届けしています。


今後、私のメルマガを読みたいという方は こちらのメルマガ登録フォームに、


普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

表記について

「土地所得のための負債利子」(2箇所)の「所得」は「取得」の誤りではありませんか。

Re: 表記について

> 「土地所得のための負債利子」(2箇所)の「所得」は「取得」の誤りではありませんか。

ご指摘有難うございます。おっしゃる通りです。
既に修正してあります。