源泉税納付に法定調書に給与支払報告書、新年早々忙しい


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050



今日はまだ、三が日ですので

お屠蘇気分も残っている方も多いのではないでしょうか?



私も宴会続きで

若干の体重オーバーです。



会社員の方は

明日から始業の方も多いと思います。



私も会社員時代そうでしたが

始業の日は、全然エンジンがかかりませんよね。



まあ、だから偉くなれなかったのかも知れませんが・・



1月というと

不動産賃貸業で従業員(専従者を含む)に給料を払っている場合は

やらないといけないことがあります。



源泉税に関しては

納期の特例を受けている方が殆どだと思います。



この場合

7月~12月までの源泉徴収した分を

1月20までに納付です。



ちなみに

1月~6月の分は

7月10日までに納付です。



年に2回ですので

月次ルーティーンではないので

忘れてしまわないようにしてください。



忘れると

延滞税や不申告加算税が課されます。



それ以外に法定調書や給与支払報告書というものがあります。



これの納期は1月31日(今年は日曜ですので2月1日)です。



法定調書は

従業員がいなくても要求された項目の金額がある場合

提出義務があります。

ですが

要求されたことを書いてあるだけなので

特別難しいものではありません。



給与支払報告書は

源泉徴収票形式のもので

市町村提出分です。



これは源泉徴収票を作成すると

自動で作成されるソフトをダウンロードして作成するのが便利です。


例えば

→ http://www.rrs.jp/nen.htm



まあ、慣れれば簡単なのですが

私も初めての時は

「こんなにいっぱいの書類!もう無理!」

と、嘆いたことがあります。



しかし

こういうことも

必ず

納期通り提出するようにしてください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント