“民泊、ワンルームも可能”の見出しが・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050



今日、何気なく新聞を見たら

トップ記事の見出しが

“民泊、ワンルームも可能”でした。(産経新聞、関西版)



私はスマホでも

アプリを取って

産経新聞が読めるようにしていますが

関東版では2面です。



概略を書くと

民泊を行うには

旅館業法の簡易宿所に分類する方針ですが



それによると

33㎡以上に規定されているのを

緩和しワンルームも対象になるように改正する方向で

厚労省は検討しているんだそうです。



一方で

国家戦略特区法では

1室当たり25㎡以上

と定められていることも勘案しての動きのようです。



来年度中に改正の見込みだそうです。



ワンルームが民泊OKになると

かなり

使える範囲が広がります。



こうなると

単身向けしか所有していない

私のようなオーナーも

今は満室ですが

空室が出たら

Airbnbに活用が出来るということになります。



このように

Airbnbが合法に向けて動いていっていますが

それにしても

法改正の動きがチマチマしていますね。



一足飛びに

合法化出来るように

関連した法規制を

まとめて変えてしまえばいいと思うのですが。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント