まさかの施工不良!さて、どうする?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050


私が所有する大阪府物件は

排水管の詰まりが頻繁に発生するようになりました。



管理会社に聞くと

前オーナーの時は2年に1回程度詰まっていたそうです。



それが

私の所有になってからは

1年半で詰まり

それなら1年に1度、詰まる前に高圧洗浄することにしよう。

こう決めた途端に

3か月で詰まり



数か月前に

管理会社が

「抜本的な解決策を探る」

と、して

水道業者に配管の状態を調べてもらったら

1か所配管がまっすぐにつながらず

山型になっている箇所が見つかったみたいです。



それを直すには

1回掘り返して

配管を正しく直し埋め戻すという

大規模な工事になります。



しかし

工事代金が、アホほど高かったので

今度は、

管理会社も変更し

今度は、新しい管理会社の元で

再度調査してもらいました。



すると

配管が山型になっている箇所が1か所ではなく

もう1箇所ある、という報告が上がってきました。



2箇所を工事すると

かなりのの金額になるため

どうしようか検討している最中です。



選択肢としては

・2箇所の工事を実施して抜本的な解決を図る

・工事は止め、高圧洗浄を頻繁にかけることで対応する


この2つです。



前者の方は

抜本的な解決が100%出来る保証があるのなら

こちらを選ぶべきだと思います。



しかし

100%解決できるのか?

と、いう疑念が強いです。



というのは

堀返さないといけない場所にある配管が

分かっているだけで

2箇所も正しくつながっていないということは

知らない箇所も

同じようなことが沢山起こっている可能性があります。



そうだとすると

今回工事したところで

解決には至らない可能性が高いです。



そうなると

折角見積りしてもらったのですが

必然的に後者かなぁという感じです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント