こそっと所得を増やすことにしました


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050


12月ですので

今年の所得と納税額をにらみ

何か調整したいと思っておられる方も多いと思います。



所得を減らす方法は

何個かあります。



例えば

中退共に加入し退職金用に資金を積む。

年払いの保険を追加し全額経費に落とす。



保険料は基本的に期間に応じて経費処理します。

例えば

12月~翌11月までの保険を12月に一括で払う場合

翌1月~11月分は翌年の経費になるのが基本です。



しかし

同じ会計処理を継続する前提で

1年以内の経費は支払時の経費にすることは問題ありません。

同じ会計処理を継続が前提ですがね。



あとは

ボーナスの支給も所得減に効果がありますね。

例えば

奥さんを専従者にしているなら

臨時ボーナスを出すとか・・



このように

所得を減らす方法はいくつもあります。

しかし

所得を増やす方法は

実はあまりありません。



ですが

今年度、私はこれをやることにしました。



外壁塗装の費用を全額修繕費にするので

かなり税金が少ない。

やるとしたら今年だと思います。



それは

過年度に経費処理した金額を

物件の取得原価に参入です。



実は

最初の物件と2つ目の物件の取得時に

本来は取得原価にすべきところ

仲介手数料を経費に落としてしまいました。



まあ、その時は私の不動産投資家としての経験値も低く

不覚にも間違ってしまったんですね。



計算は

仲介手数料を所得原価に参入するので

その分を

前期損益修正で益を立てます。

そこから取得原価が増えたことによる減価償却費の増加を累計して

前期損益修正の損に計上します。



細かく言えば

収益・経費をどの年度で見るかで税率が違うのですが

まあ、この程度なら税務署も文句は言わないと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント