FC2ブログ

意外と簡単!360度カメラによる募集サイト作成

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




昨日は所用により記事を休みました。

本日は、賃貸住宅フェアのため、記事が大幅に遅れました。



賃貸住宅フェアでは多くのセミナーが開催されていますが

その中で、私が最初に受講したのが

「スマホ、カメラでの物件の撮り方からVRの撮影方法まで一挙公開」

と、いうセミナーです。



そこでのメインのテーマは

「360度撮影カメラを使った募集サイトを作り

サイトに掲載することで、バーチャル内見を可能にすること」
です。



ここでいうバーチャル内見とは

間取り図の中の何処かをタップまたはクリックすると

実際に、そこに立ったら周囲360度がどんな感じかというのが

サイト上で体験できるもののようです。



そして

スーモ、ホームズ、アットホームなどの大手の募集サイトでは

既に、それが出来るようになっているため


「それが出来ないと、空室が埋まりにくいですよ。」

と、いうメッセージです。



実際の動画編集がデモされましたが

360度撮影したデータと

間取り図を連動させることで

いとも簡単に、バーチャル内見が出来るサイトになることに驚きました。



元々、360度撮影するためには

カメラを回す台にカメラを設置して、回しながら何枚も撮影したものを

繋ぎ合わせる必要がありましたが



今は

小さい台の先端に小型カメラを設置して

くるっと回すだけで、360度撮影が出来るようになり

カメラの代金も「かなりお安くなった」と、言っていました。



但し

その具体的なお値段は、明かされず

「ブースに来て相談してね」

と、いうことでしょう。



私のような零細オーナーは中々ペイする金額ではないのでしょうが

繰り返し募集する不動産業者や、メガ大家、ギガ大家だと

導入しても有効かも知れません。




◆編集後記◆




賃貸住宅フェアの会場はインテックス大阪ですが

実は、かなり不便なところにあります。



梅田まで30分の私が

1時間半くらい掛かる立地です。



いつもは、メトロの中央線、大阪港方面からせめてニュートラムを北から行っていましたが

いつも同じは面白くないので

今回は、住之江公園からニュートラムに南からせめてきました。



すると

住之江公園から平林の辺りに、長方形の池というのか

競泳用プールの大きいようなものが何個もあるのを発見。



なんやねんこれ?

朝とか昼なので、まだいいですが、夜だけ結構不気味で

死体が浮いていても不思議ではない雰囲気です。



この辺は南港が近いため

普段は木材を浮かべて保管しているところだと思います。

但し、木材は全然なかったですけど・・



いつもと違う路線に乗ると、風景画違っていて面白いです。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント