FC2ブログ

民泊新法で営業できない185日をどう使うか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




昨日の民泊EXPOで参加したセミナーで

1つ私が知らなかったことがありました。



それは

民泊新法で民泊する物件の

営業できない185日には

「スペース貸し事業は出来ない」

と、いうものです。



スペース貸しとは

セミナーやパーティーなどに場所を提供するものです。



となると

マンスリー、ウイークリーマンションしかなさそうです。



しかし

マンスリー、ウイークリーマンションは

単身世帯の利用がメインです。



民泊の方は

ファミリー向けのような

広くベッド数が稼げるような物件がよいので

需要という点では全く相いれません。



では、どうするか?



それは、営業出来る180日の貴重な期間に

安売りするのは最悪だと思います。



特区民泊のように

年間365日営業出来るなら

空けておくくらいなら安値でも埋めた方がいいです。



しかし

新法は180日しか営業できないので

それを安値で埋めてしまうのは愚の骨頂です。



そのためには

需要を見極めて

需要の高い時にしっかり儲けること。



それと

需要の少ない閑散期は

少しでも埋まるように値下げするのではなく

埋まらなくてもいいので

強気の価格で

「埋まれば儲けもの」

くらいの感じでいくといいのではないでしょうか?



結局は、どの日も強気の価格で行くしか

新法で利益は出ないと思います。



東京の需要の波は、私はあまり知らないですが

京都市などは観光で持っている地域ですので

需要の変動が凄いです。



例えば

1月後半から3月前半までが閑散期


盆地の上に比叡山からの比叡颪(ヒエイオロシ)で

震え上がる寒さです。



春秋の観光シーズンで相当利益が出た物件でも

この時期は埋まりにくくなります。



この期間は売上ゼロで行くくらいでもいいのかも知れません。




◆編集後記◆




第54代横綱・輪島大士さん死去というニュースが舞い込んできました。



若い人は知らないと思いますが

2年連続の学生横綱という実績を引っ提げてデビュー

年齢の近い力士では

名横綱初代若乃花の弟の貴ノ花(先日、引退した貴乃花の父)と人気を二分



貴ノ花はハンサムで人気はバツグン、実力はイマイチでしたが

輪島とセットで貴輪時代と呼ばれました。



その後、貴ノ花が伸び悩み(大関止まり)輪島だけが横綱へ

そこへ後からのし上がってきたのは

憎たらしいくらい強いと言われた北の湖でした。



北の湖とセットで輪湖時代と言われ

あの頃の相撲は見ごたえがありましたね。



輪島の得意技は左下手投げで

とにかく左回しさえ掴めば、誰にも負けなかったので

「黄金の左腕」と、言われていました。



その反面、初の外国人力士 高見山を苦手としていて

与えた金星の数は歴代1位だとか



ユーモラスな性格でとんねんずなどの番組で活躍という

お茶目な面もありました。



貴ノ花も亡くなった、北の湖も亡くなった

千代の富士も亡くなった

年齢の近い名力士が次々と亡くなり寂しいですね。



ご冥福をお祈り申し上げます

a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=939776" target="_blank">
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント