Airbnbの最新事情


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

先日から

私はAirbnbの無料案件をご紹介しています。


私も申し込んでみて

情報の仕入れの真っ最中です。



そこで分かってきたことを

今日は少し書いて見たいと思います。



まず

外国からの旅行者が爆発的に増えてきている。

それに対して

受け入れるホテルが足りていない。



こういう需給バランスが崩れた状態で



外国人旅行者は

宿泊費を浮かせるために

民泊を利用するのが世界の常識になりつつある。



なので

Airbnbは益々有望な投資である。

利益の点では

物件のスペックにもよるが

1室で10万円~50万円も狙える。




居室として提供するのは

オーナーが保有の物件で現在、空室となっている部屋でもいいし

新しく賃貸借契約を結び、その部屋を提供してもいい。

その方法だと

不動産投資に必要な融資交渉も種銭も不要である。



部屋を旅行者に貸せる状態にするには

家具や家電を揃える必要がある。

また

合鍵の作製(合鍵を旅行者に渡し、本キーは自分で保管)

WIFI環境を整える必要がある。



但し

それらも代行会社が何社も出ていて

手数料を払うことで代行も可能。

検索エンジンに「Airbnb 代行」と入れれば

いっぱい出てきます。



ここまでのことが分かり

私はかなり前向きです。



私の九州2号物件は

天神から2駅のところにあり

暫く空室が続くなら、真剣に考えてみようと思っています。



残念ながら

九州1号物件(東区)と大阪物件(三島郡)は

少々難しいかなと思います。



立地に関しては

稼働率が期待できるのは

実際にホテルが多くある立地がいいです。



例えば

関西なら

大阪駅周辺や京都駅周辺がベストです。

首都圏なら

東京駅、品川、渋谷、新宿とかがいいでしょう。

九州なら

博多駅、天神とか



この辺りの物件を

借りて、Airbnbすれば

コストも高いですが

収益も期待できると思います。



法律的にグレーという問題は

一棟物件の半数以上を

一気に貸すのは目を付けられる可能性がありますが

数室の規模では

まず問題にならないでしょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント