確定申告がネックになって大家さんデビュー出来ない

こんにちは、

不動産投資でセミリタイヤ 横田紳一です。

今日も不動産投資のノウハウや

頭金を貯めるのに有効な情報をお届けします。


大家さんデビューを

ためらっている方って

意外と、確定申告がネックになっていることがあります。


会社員であり続けるなら

税金の事務は会社が代行してくれて

源泉徴収されるので

税金のことを考えずにいることが出来ます。



ところが

不動産投資をすると

確定申告が必須となります。



もちろん

税理士に料金を払って依頼することはできます。

しかし

本人のジャッジが必要になる部分も多いので

丸投げすることは出来ません。



ですので

税金に疎くては

不動産投資が始められないということです。



実は

確定申告がネックになって

不動産投資を始められない人でも

税を身近に感じるトレーニングをすることで

確定申告というハードルを超える方法があります。



それは

ちょっとした

確定申告で慣れていくことで

確定申告に対する苦手意識を弱めるということです。



例えば

医療費控除というものがあります。

年間でかかった医療費の合計が

所得の5%か10万円の小さい方を超える場合

その超えた分が所得控除できます。



生計を一とする家族で合算しますし

薬局で薬を買った代金や

病院や薬局への交通費

整体院や整骨院の治療費も対象になります。

ですので

かなりのご家庭が対象になってきます。



この手続きくらいなら

税金に疎い方でも

比較的簡単に出来ると思います。

(源泉徴収票と、医療費のレシートがあれば出来る)




こういう比較的簡単に出来る

確定申告で慣らすことで

確定申告に対する苦手意識を弱めることです。



1回、これをやれば

「なんや確定申告って大したことないやん」

と、思うようになる方も多いんじゃないかと思います。


但し

最初から確定申告が出来る方なら

そういう手段で慣らす必要もありませんが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント